間違いだらけの倉庫管理!正しい知識で上手に活用しよう!

倉庫に保管している荷物が傷んでしまう原因と対処法

倉庫は大量の荷物を安全に保管出来る施設として様々な業種で利用されています。風雨による劣化や破損、盗難などのトラブルを避けることが出来るのが大きな利点ですが、その反面、倉庫の管理を誤ると荷物が傷んでしまうことがあるので注意が必要です。

倉庫は用途の性質上、窓が無い造りになっていることが多く湿気が籠りやすい傾向があります。また、採光性にも乏しいので室内は常に暗く、場合によってはカビや害虫などが発生する可能性もあります。害虫の他にネズミが繁殖するケースもあるので倉庫を使用する際は構造や室内環境を確認することが大切です。また、湿気の排出が出来る換気設備が整っている倉庫を選ぶことで荷物の劣化を避けることが可能になります。

倉庫を安全に利用するための心得

倉庫は大量の荷物をまとめて保管出来るので建物も大きく作られています。また、室内での荷物の積み下ろしが出来るように車両の出入りが可能になっている物件が多数を占めていますが、その一方で作業中の事故も生じやすい点を注意する必要があります。倉庫の内部は照明を使って明るくしても屋外と比べて明度が低い他、荷物が死角になって人影が見えにくい問題があります。また、作業中の騒音が室内で反響するのも安全確認が難しい原因の一つなので、必ず複数の人数で作業を行って事故の予防に努めることが大切です。

倉庫がある敷地に車両を出し入れする際も事故が発生しやすいので、倉庫物件を利用する際は周囲の環境を確認して安全が確保出来る所を選ぶのがトラブル回避に繋がります。

物流とは物が生産者から販売者の手に渡ることを言います。運送方法も飛行機や車など、様々な物が使われています。