意外に簡単?難しい? 自営業の始めかた・続けかた

その1、税務署に申告する

サラリーマンではなく、自営業でやっていきたい。その強い思いがあれば大丈夫です。始めること自体はさして難しいことではありません。それにコツがわかれば、一生続けることだって可能です。

まずは、税務署に申告です。

サラリーマンやOLならば、このような税金の申告は自分でしません。ここが大きな違いになります。税務署に開業届を提出、あとは年末までに所得の確定、翌年2月15日-3月15日までに確定申告をすれば、あなたも立派な自営業となります。また心配ならば税理士を雇って、任せっきりにしてしまうこともできます。

その2、売りの獲得・集客を考える

自営業は自分で売りを作り出さねばなりません。

晴れて自営業になったとしても、仕事がほかの店と同じなら先は見えづらいでしょう。自分の店の売りは何なのかをよく考えること、また集客についての案を練ることも必要となってきます。ここが、自営業が続くかどうかの分かれ道となります。立地や品物の種類、サービス内容、従業員についてなど、売りにする面は様々です。どの部分にこだわりたいか、まずは自分の直感を頼りにして考えてみましょう。

その3、土日もないし、続けるのは簡単ではない

始めるのは簡単です。

しかし続けるのはそう簡単ではありません。

全てオーナーである自分の責任であり、土日祝も関係ない面が大きいです。それに仕事は社会の情勢に大きく左右されますし、災害なども無関係ではありません。また働く自分の健康ひとつで、廃業になることだって十分あり得ます。

自営業の夢をもつ方は、そのあたりをよくよく考えましょう。しかし必要以上に恐れたりはせずに、やるべきことをやり、自営業の夢を叶えてみてください。

フランチャイズとは、チェーン店が個人事業主に運営を任せるという経営戦略です。安定したビジネスを行うことができ、成功確率が高いことが特徴となっています。