人件費は固定費!?だからこそ営業を効率的にする方法

営業が多いと固定費が増え利益を圧迫する

アウトソージング営業は多くの企業にとってはメリットが多い外部委託の制度です。企業は営業が売上を作るために多くの人員を投入しているところが多いです。ひとりひとりが必ずしも契約が取れたりアポイントが取れるとは限らず、営業に多くの人材を投入することで契約を取得する確率が上げようとします。ところが人件費は企業にとっては固定費になります。営業が契約が取れても取れなくても雇用契約上の給与を毎月支払う必要があります。

アウトソージング営業は2つの命題を解決する手段

企業としては固定費が増大することが利益を圧迫する要因のひとつになります。できるだけ固定費を削減した方が企業にとってはメリットがあります。そして固定費の削減と営業契約の取得といったふたつの命題を解決してくれるのがアウトソージング営業です。例えば、営業のアポイント取得を外部委託することで企業としてはそのための多くの営業人員を確保する必要がなく固定費を抑えることができます。営業のアポイントを取るといった行為は外部委託するので、企業が抱えている営業がおこなう必要がなくなります。

適性な人員確保で効率的な営業

アウトソージング営業との契約では取得できたアポイントの数により従量制にて料金を支払うことで変動費にすることができます。売上が増大すればその分支払いも多くなりますが、売上に比例している分、安定した利益を確保することができます。企業が抱えている営業人員としては、アポイントが取れた先に出向いて説明したり商談すればいいので多くの人員を必要としません。そのため営業の人件費も一定額に抑えることができます。

営業代行は営業派遣と混同される場合が多いですが、両者は明確に異なります。前者は後者とは異なり、営業に関するノウハウも付随するため、いかなる場合においても安定した成果を期待できるでしょう。