これがあれば安心!便利!倉庫内作業をスムーズにする道具

フォークリフトとパレットは倉庫内業務に必須です

倉庫は物流の拠点となる場所です。

毎日のように製品や部品が生産工場から届き、それを一時的に倉庫内で保管を行い、出荷指示に従い倉庫内よりピッキングを行ってトラックに積み込む事になります。

荷物のサイズなどにもよりますが、製品や部品はダンボールに詰めてあるので、ダンボールを数段積み重ねて倉庫内で保管を行います。

品物によっては専用の棚に移し替える事になりますが、ダンボールはパレットの上に積み重ねておけば、そのままフォークリフトを利用してパレットごと荷物を自在に移動する事が出来るようになります。

尚、パレットは荷物を置いておくための道具で、トラックに積み込む時にパレットごと積み込みを行えば、相手先に荷物が着いた時もフォークリフトを使って荷物を搬出、移動を容易に行えるようになります。

バーコードリーダーは入出庫ミスを減らす

倉庫に入荷する荷物は伝票と照合を行って正しいものが入荷したのかを確認、所定の場所に保管などの流れで作業が進められて行きます。

製品にバーコードを付けておく、伝票にもバーコードを付けておけば、バーコードリーダーで照合が出来る、類似品番を読み間違えるミスを防止する事が出来ます。

これは入庫時だけではなく、出庫時も同じ事が言えます。

出庫のピッキングを行う時にはバーコードリーダーを利用して間違い防止が出来ます。

尚、倉庫から出庫する荷物のサイズは様々で、中には細かな部品を少量だけ小分けして出荷するケースもあります。

数量は計量器を使って単重を計測、数量を割り出す方法で行えば、手勘定で行うよりも正確に数量を割り出す事が出来ます。

メーカーなどの荷主は3PLを利用することで、限られたマンパワーを本業に集中することが可能です。また物流サービスが安定することで、顧客満足度が向上します。