ファンを増やそう!LTV最大化のために出来ることとは?

LTV最大化に注目が集まるワケとは

新規顧客の獲得が難しい時代になっています。インターネットに国民の大多数が接続する状況にあって通信販売は活況を呈していますが、同時に情報は氾濫し、商品同士の比較も容易になりました。価格競争は激化しやすく利益の確保が難しくなり、SEO対策はじめ広告にかかるコストは高騰の一途を辿っているのです。このような状況にあって、顧客の新規獲得よりも、既存の顧客をいかに維持していくかというポイントに注目が集まっています。LTVとはLife Time Valueの意であり、顧客生涯価値を表します。これは顧客が企業に対してもたらす利益貢献の指標です。購入単価と購入回数、取引時間を掛けたものから顧客獲得と維持のコストを差し引いたものとなります。LTVはCRM(Customer Relationship Management)つまり顧客管理の中心概念です。新規顧客の獲得が難しくなった今、既存の個々の顧客に対し最適なアプローチをとる手法が重視されています。

LTV最大化のための手法とは

LTV最大化は、詳細な顧客管理によって実現出来ます。顧客ランクには優良顧客や休眠顧客、見込み客など様々な状態があり、画一的なアプローチをしても効果を最大にすることは出来ません。それぞれの顧客のニーズに合ったアプローチが必要なのです。SNS運用によって、顧客との信頼関係を作るのは近年注目されている手法です。ポイントシステムの導入や会員階級制導入は、顧客の囲い込みに有効でしょう。ステップメールによって顧客の状態に合わせた適切なアプローチを取る方法もよく知られています。休眠顧客が以前利用した商品の値下げ時にアピールするのもよい方法と言えます。

LTV(Life Time Value)とは、日本語では「顧客生涯価値」を意味します。つまり、「顧客LTV最大化」とは企業がサービスや商品によって、顧客から生涯を通じて得る価値を最大限にすることです。