M&Aとは一体何?経営者なら知っておきたいメリット

M&Aの本来の意味とは

M&Aとは日本語に訳すと合併買収であり、英語のMergersとAcquisitionsの頭文字を取ってM&Aと呼ばれています。二つの企業が一つになることや、ある企業が別の企業を買って事業展開を行うことを示しているものです。単純な企業間の事業提携とは異なり、一つの企業として形作られるのがM&Aの特徴と言えるでしょう。広義では密接な関係を生み出すような事業提携もM&Aに含む場合がありますが、本来の意味とは異なるので注意が必要です。あくまで二つの企業が対等な立場で新しい企業に生まれ変わることや、一方の企業が行っている事業や雇っている従業員を他方の企業がまとめて買い取って吸収することを指しています。

両者にとってメリットのあるM&A

M&Aがよく話題に上るようになってきたのは積極的に行われるようになってきたからです。これは合併買収をしたときにどちら側にもメリットが生まれることの理解が浸透してきたからに他なりません。買収のように力関係が明らかに異なる場合を例に取ってみるとよくわかるでしょう。買収される側の企業としては事業が立ち行かなくなったときやトップが辞任して事業継承を行わなければならにときに事業を存続させられるのがメリットです。一方、買収する側のメリットとして自社にないノウハウや人材をまとめて取り入れることができるメリットがあります。対等な場合には互いの長所を生かし、短所を補うことができる新たな事業を生み出せるのがメリットです。

M&Aとは企業の合併や買収の略称です。買収するには株を議決権まで取得することですが、非上場では双方の合意がなければ行えませんが、上場している場合は合意がなくても発行済み株を取得することが出来ます。