決して遅れたくない!企業にとっての重要な社員研修

実際の研修内容とはどんなものか

社員研修をアウトソーシングするという動きも巻き起こっています。研修をすることに長けている人が集まって会社を設立するなどして、人材育成や人材開発などを専門的に行うというものです。時代の流れと共に変化を遂げる中、存在感を大きくしてきています。

従前であれば、企業内における人事部などが日程を組むなどして社員研修に取り組むというものが一般的な企業のスタイルでした。貸し会議室やレンタルオフィスなどを借り、研修を行うというものです。研修で行われることは、実にさまざまです。新人研修では、あいさつの仕方や名刺の渡し方、社内ルールの説明などを行います。中継社員やベテラン社員の社員研修では、部下との接し方やマネージメントの仕方などを学ぶことにもなります。

次世代に向けての取り組み

社員研修に寄せられる期待感が大きくなってきたのは、新たな取り組みや思想を取り入れることに前向きな企業が増えていることを物語っているのかもしれません。確かに社員研修では、パワーポイントを使うなどして作ったオリジナリティ溢れるプレゼンテーションをするなどして、先進的な動きを取り入れています。人工知能やロボット社会、ビッグデータの活用などといった次世代に向けての内容が色濃くなっています。時代に取り残されてしまうことを恐れる企業にとっては、是が非でも遅れたくないジャンルといえるでしょう。

新しいビジネスを盛り上げるためにも、社員研修の果たす役割は大きくなっています。

管理職研修は部下の育成やマネジメントなどを学ぶ講習です。社内の担当部署で行う場合と社外から専門の講師を招く場合があります。