窓だけじゃない!カーテンのアレンジを自在に楽しもう

押し入れの襖のかわりにカーテンを掛けよう

窓辺で陽射しを防いでくれるカーテンは、開閉がしやすい便利なアイテムですよね。そんなカーテンの特性に注目して、もっと色んな場所でカーテンを活用してみませんか。

押し入れの襖を取り外して、カーテンレールを取り付け、好みの色合いのカーテンを掛けると、簡単に部屋のイメージチェンジができます。カーテンなら通気性が良いので、押し入れに収納した物のカビ対策にもなりますよ。襖のように破れる心配がないので、子供部屋の押し入れにカーテンを活用するのもおすすめです。カーテンにアップリケをしたり、マスコットをピンで留めたりすれば、子供が喜ぶ可愛い部屋になります。

扉のない棚にカーテンを掛けよう

扉のない棚は、中身の出し入れがしやすい反面、埃が溜まりやすいのが難点ですよね。棚に突っ張り棒を張ってカフェカーテンを通すと、収納した物に埃が付くのを防げます。カーテンを取り付けることによって、棚がすっきりとした印象になり、部屋全体が広く見える効果も期待できますよ。突っ張り棒やカーテンは、100円均一ショップでも扱っているところがあるので、プチプラで手軽に挑戦できるのも、嬉しいですね。カーテンだけでなく、突っ張り棒の素材や色にもこだわって選びましょう。

棚に掛けるカーテンと、押し入れに掛けるカーテンを同じものにすれば、部屋に統一感が芽生えて、インテリア上級者のような素敵な寛ぎ空間を演出することも可能です。カーテンを上手に活用して、過ごしやすく、収納力の高い部屋を目指して下さいね。

ひもカーテンとは、ひもがたくさん垂れ下がった状態のカーテンのことです。通常のカーテンより隙間が多くできるので圧迫感が無く、束ねて使用することもでき、幅や長さの調節も簡単にできます。